自己破産の費用っていくら?

自己破産にかかる費用は、弁護士や司法書士などに処理をお願いするか
自分だけでするかによって異なります

 

自己破産の費用は複雑なのでプロにまかせよう

 

自己破産にかかる基本の費用は、破産申立を行う収入印紙代、予納郵便代、そして予納金です
自分だけで自己破産をする場合は、その基本の料金しかかからず、50000円ぐらいからとなります。

 

弁護士に依頼する場合は、それ以外に弁護士に払う費用がありますので料金は上がります

 

 

費用だけを考えると、自分一人で自己破産の手続きをしたほうが良いように感じますが
実際、自己破産の手続きは非常に難しく、素人では困難です。

 

なかなか手続きが進まないままですと借金の額は増えるばかりで前に進むことは出来ません

 

ですから、少し費用は増えてしまうことにはなりますが、弁護士に依頼して

 

早く自己破産の手続きを完了するほうが最終的には損は少なくなります。

 

自己破産の相談については無料で行っている弁護士事務所がいくつかありますので
借金がこれ以上増える前に相談に行ってください。

自己破産をするための費用

自己破産をすればもう借金を背負うことはなくなりますが
しかし自己破産をするためにはそのための費用が発生します

 

自己破産は裁判所で手続きをしなければなりません

そして自己破産をするときには裁判所を通すことになりますが
裁判所には決められた費用を払わなければなりません。

 

破産申立を行うための収入印紙1500円、そして借り入れした金融会社に送る郵便のための予納郵便代
そして裁判の費用である予納金です。

 

弁護士に処理をお願いする場合は、それ以上に弁護士に払う費用が発生します

 

自己破産をするときに処分する管財がある場合は管財事件、処分する財産がない場合は同時廃止となります
それぞれによって、弁護士に払う費用も異なります。

 

自己破産をするのだから、弁護士に払うお金なんて無い…と思うかもしれません。

 

しかし自分で解決しようと思うと自己破産にはかなりの時間も手間もかかります
そのうちに、借金の額は更に増えるばかりですね

 

早く解決して自己破産し、借金のない生活を送るためにも,費用についても相談に乗ってもらえる弁護士に頼りましょう

 

 

自己破産にかかる弁護士費用の相場

自己破産の処理を弁護士に依頼する場合に気になる費用の相場についてお話します

 

弁護士に支払う費用の相場って?

 

弁護士費用は事務所によってだいぶ異なります
依頼する弁護士や事務所が有名なところであれば、その分だけ費用が高くなることも多いです。

 

しかし、だいたいの相場でお話をすれば、弁護士の交通費や手続きなどにかかった実費に
着手金を合わせて20万円から40万円かかり、自己破産の免責が認められた時の報酬として
20万円から40万円ですから、あわせて40万円から80万円が相場となります。

 

値段だけで弁護士事務所を決めることはできませんが、後に払う報酬金がかなり高い事務所もあります
事務所によっては、あらかじめ自己破産の場合の弁護士費用が決まっているところもあります。

 

後に特別な措置が必要となった時は別ですが、最初から金額が定まっていれば安心しておまかせできます
費用についてわからない点は、弁護士を頼む前に事務所に相談しましょう

 

電話やメールなど無料相談を設けている事務所をオススメします

 

 

 

債務整理 弁護士費用カードローン 返せない借金返済